ニュース速報ありのけつ

最新の気になるニュースをまとめて参ります。
ニュースあり、速報あり、悲報あり、なんでもありのありのけつを宜しくお願い致します。

    令和元年7月19日からブログをはじめました。
    毎日更新して参りますので宜しくお願い致します。

    カテゴリ: クルマ


    オートサロン史上最長のモンスター


    NO.8518419
    「全長12メートルのハイエース・・・!?」オートサロン史上最長のモンスターがコイツだ
    「全長12メートルのハイエース・・・!?」オートサロン史上最長のモンスターがコイツだ
    30年以上の歴史を誇る東京オートサロンだが、ここまで“長い”出展車両は後にも先にもコイツだけだろう。

    全長はなんと12メートル。

    東京オートサロン2014の会場で話題を独占した、超巨大バニング「バットマン号」だ。

    ■12mの巨体でもまさかの自走移動が可能!?

    バニングという枠を超越したフルカスタムハイエースが登場!

    全長12m、横幅2m49cm、全高4m、車重3.5トンオーバー…。

    もはや、建造物と言えるほどの壮大なスケールである。

    モチーフになっているのはハリウッド映画『バッドマン』でお馴染みのバッドモービル。

    FRPを駆使して製作された外装は、ここまでくると大道具さんがスタジオセットを作る感覚に近い。

    ベースは100系ハイエースだが、2台の車両をドッキングして超ロング化。

    耐重量を考慮した結果、タイヤは6輪仕様に…。

    おまけに、ボンネットレスであるはずのハイエースにヴェルファイアの顔面がフェンダーごとスワップされていて、もはやベース車の面影は皆無だ。

    製作費は軽く2000万円を超えるというが、それが高いのか安いのかすら判断できないほどの作り込みだ。

    オーナーの森さんがこんな規格外のマシンを作ろうと思ったのは、カスタムの世界で日本一を目指したから。

    そんな熱き想いが爆発した結果の産物というわけだ。

    新幹線のようなフロントフェイスだが、ノーズ部は電動で格納できるギミックも搭載。

    その理由は「これが無いと車庫入れができないので…」とのこと。

    車体の両サイドに搭載する主翼も本来は稼働するが、さすがにショー会場では通行の妨げになってしまうため、残念ながら格納されたままの状態となっていた。

    リヤ周りも圧巻だ。

    ホンダS-MXのテールランプを10連装し、最後部にはJUKEのテールをインストール。

    そしてナンバープレート設置部はマジェスタから移植するなど、様々な車種のパーツを組み合わせてモディファイを敢行している。

    このバッドマン号においては、NOSもパワーアップを目的とはしていない。

    完全なパフォーマンス用と割り切って、前後左右にノズルを設置。

    フルパージ仕様というわけだ。

    ちなみに、フル充填で5万円かかるという大型タンクを4本も搭載していたりする。



    【日時】2020年05月27日 17:00
    【ソース】carview
    【関連掲示板】


    【オートサロン史上最長のモンスター】の続きを読む


    続々廃業にクルマ好き涙! いまコイン洗車場が減少しているワケ


    NO.8501970
    続々廃業にクルマ好き涙! いまコイン洗車場が減少しているワケ
    続々廃業にクルマ好き涙! いまコイン洗車場が減少しているワケ
    ■ユーザーの洗車頻度の減少が大きな理由のひとつになっている
    STAY HOME週間だった今年のゴールデンウィーク。

    「三密を避け、屋外で愛車の洗車でも」と思った人も多いはず。

    そうしたとき、かつてあったコイン洗車場がかなり減少していることに気付いたのでは?なぜ、コイン洗車場は減ってしまったのか。

    第一の理由は、ユーザーの洗車の頻度が減ってしまったためだ。

    かつては「1カ月に一度の洗車」は当たり前のように言われていたが、各種の調査によると、いまは年に2〜6回という人が4割近くで一番多い。

    また、経済産業省の所管する独立行政法人中小企業基盤整備機構の資料を見ると、コイン洗車場の利用経験者の23%が「利用経験あるが、現在利用していない」と答えていて、リピート率が低いことが明らかになっている。

    また、

    ・利用客は土日に集中する
    ・天気に左右されやすい。天候の悪い2月や6月は売り上げが落ちる
    ・周辺の住民から汚水、騒音などによる苦情が多い

    といったことも、コイン洗車場経営のデメリット挙げられており、これらも新規出店の見合わせ、そして廃業などへつながっていると考えられる。

    ■コイン洗車機の商売としてのうまみが減っている!
    さらに近年、ガソリンスタンドの洗車機が高性能化、高機能化していて、傷をつけないスポンジブラシで洗浄力も高く、しかも安価になってきた影響も大きい。

    一方で、こだわる人はコーティングやプロの手洗い洗車を頼む傾向もあり、中途半端なコイン洗車場の存在感が薄くなってしまったというのもある。

    ユーザーとしても、新車のうちは熱心に洗車をするが、クルマが古くなってくると洗車意欲も……。

    そして今は新車が売れない時代でもある。

    かつては、遊休地を活用して比較的小資本で開業でき、無人サービスなので、人件費・管理費コストが低いなどのメリットもあったコイン洗車場だが、結論からすると、上記のように商売としてのうまみが減って、廃業するところが増えてきたのだろう。

    なお、洗車場は廃業したあと、土壌汚染により土地の再利用ができない(土壌消化の費用がかかる)こともネックになっているともいわれているが、洗車場は特定有害物質を使用する施設に当たらないので、土壌汚染対策法第3条による土壌汚染調査の対象になることはない。



    【日時】2020年05月22日 11:40
    【ソース】WEB CARTOP
    【関連掲示板】


    【続々廃業にクルマ好き涙! いまコイン洗車場が減少しているワケ】の続きを読む


    小さなクルマに乗り替える人続出! なぜ今ダウンサイザーなのか?


    NO.8429248
    小さなクルマに乗り替える人続出! なぜ今ダウンサイザーなのか?
    小さなクルマに乗り替える人続出! なぜ今ダウンサイザーなのか?
    ダウンサイジングという言葉を聞いたことがあるだろうか? 

    NAエンジンを小排気量化したうえでターボを装着し、燃費や環境性能を向上させる、ダウンサイジングターボがここ数年で世界的に流行しているが、これは「エンジンのダウンサイジング」と呼ばれている。

    そしてもう1つ、現在、日本において急速に進んでいるのが、小さなクルマに乗り替える「ダウンサイジング」だ。

    こうした、ミドルクラスやLクラスのクルマから、小さなクルマに乗り替えるユーザーのことを「ダウンサイザー」と言う。

    ダウンサイザーの中心は50代以上だが、2020年2月に発売された新型フィットとヤリスの購入ユーザー層を見ると、その傾向が顕著に表われている。

    フィットは50代が26%、60代以上が47%でなんと全体の73%が50代以上なのだ。

    新型ヤリスも同様の傾向で、50代が20%、60代が50%と全体の70%を50代以上が占めている。

    そこで、なぜ今、小さなクルマに乗り替えるダウンサイザーが急激に増えているのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

    ■ダウンサイザーは50代以上が中心
    クルマ用語のひとつに、小さなクルマに乗り替える「ダウンサイジング」がある。

    1990年頃までは、年齢と所得が高まるに連れて大きなクルマに乗り替える「アップサイジング」が多かったが、今はダウンサイジングが話題になる。

    ユーザーの気持ちとして、アップサイジングは分かりやすい。

    若い頃は小さくて価格の安いクルマで十分だが、結婚して子供ができれば、家族全員で快適に乗車できる機能が必要になる。

    中高年齢層になって所得が増えれば、今までとは違う高級車にも乗りたいだろう。

    生活環境の変化に応じて、選ぶクルマのカテゴリーも変わり、アップサイジングするのは自然な買い方に思える。

    一方、ダウンサイジングは、クルマの乗り替えとしてはUターンだ。

    運転免許を取得した直後は小さなクルマに乗り、生活環境の変化に応じてアップサイジングする。

    ここまでは前述の通りだが、今はUターンして、再び小さなクルマに戻るユーザーが増えた。



    【日時】2020年05月01日 09:13
    【ソース】 ベストカーWeb
    【関連掲示板】


    【小さなクルマに乗り替える人続出! なぜ今ダウンサイザーなのか?】の続きを読む


    2月新車販売台数、ホンダ フィット vs トヨタ ヤリス結果は


    NO.8247236
    2月新車販売台数、ホンダ フィット vs トヨタ ヤリス結果は
    2月新車販売台数、ホンダ フィット vs トヨタ ヤリス結果は
    2020年2月は、10日にトヨタ ヤリス、14日にホンダ フィットがフルモデルチェンジ発売となり、国内の新型Bセグメントハッチバック車の動向に注目が集まった。

    これら両モデル、2月の販売台数は、フィットが8221台、ヤリスが3491台という結果となった。

    国内の新車販売が消費税増税以降、5ヶ月連続で前年同月比マイナスというなかであるが、セールス面ではフィットがリードする形となった。

    それぞれに設定された月間目標台数は、フィットが10000台、ヤリスが7800台。

    台数的な決着は発売前から決まっていたようなものであるが、新車全体の販売が落ち込む中、フィットはまずまずのスタートをきることができた。

    フィットは本モデルで4代目となり、室内の居住性をさらに向上。

    親しみやすいエクステリアや、全車速追従付ACCを標準装備とするなどファミリーカーとしての需要に応えた。

    一方で、従来型ヴィッツを後継するヤリスは、ホットハッチらしいエクステリアを採用し、3本スポークステアリングホイール、ハンドブレーキなどを装備。

    さらに最上級のGRヤリスはパワートレインに直列3気筒1.6Lターボエンジン、四輪駆動システムのGR-FOURが導入される。

    スポーツイメージが高められ、顧客ターゲットがあえて絞り込まれた印象である。



    【日時】2020年03月05日
    【ソース】カーリサーチTV
    【関連掲示板】


    【2月新車販売台数、ホンダ フィット vs トヨタ ヤリス結果は】の続きを読む


    ホンダフリードの祟り


    NO.8163150
    チュート徳井、東出次々降板ホンダフリードの祟り
    チュート徳井、東出次々降板ホンダフリードの祟り
    不倫報道で炎上中の東出昌大。

    出演していたホンダ「フリード」CM動画が削除。

    前回の出演していたチュートリアル徳井義実は脱税で降板、続く東出昌大も不倫で降板目前と、呪われたCMと話題になっている。

    今回の鬼畜不倫報道で、バイセクシャルの噂も噴出した東出。

    杏ファミリーの良きパパとして得た仕事をすべて失う勢いである。

    【日時】2020年02月05日 11:30
    【提供】激裏情報


    【ホンダフリードの祟り】の続きを読む

    このページのトップヘ