ニュース速報ありのけつ

最新の気になるニュースをまとめて参ります。
ニュースあり、速報あり、悲報あり、なんでもありのありのけつを宜しくお願い致します。

    令和元年7月19日からブログをはじめました。
    毎日更新して参りますので宜しくお願い致します。

    2019年11月


    エロカメラマンの手口はこうだwwwwwwwwww


    NO.7988535
    エロカメラマンの手口をグラドルが告白 「服をズラし」「水着を外す」「触られ」「断りきれずにセックス」
    エロカメラマンの手口をグラドルが告白 「服をズラし」「水着を外す」「触られ」「断りきれずにセックス」
    ツイッターやインスタグラムなどのSNSを利用した、カメラマンと被写体との出会いが活発化している。

    SNSなくして芸能活動やインフルエンサーになることはできないからだが、魅力的な女性に「写真撮ってあげるよ」とエロ目的で近づくカメラマンとのトラブルも多いようだ。

    実際に危険な目に遭ったグラドルに話を聞いた。

    撮影と称して女性にわいせつな行為をしたとして、警視庁世田谷署は12日までに、世田谷区のカメラマン小山大雅容疑者(31)を準強制わいせつの疑いで逮捕した。

    5月16日夜、自宅でグラビア撮影と称して、10代後半のモデル女性の服を徐々に脱がせながら、全身を触るなどのわいせつな行為をしたもの。

    「立場を利用してやった」と容疑を認めている。

    2人は事件の約1週間前にインスタグラムを通じて知り合い、女性の依頼で無料のグラビア撮影をすることになった。

    小山容疑者のツイッターには「adidas」「AKB48」「欅坂46」などと仕事をしたことがアピールされていた。

    SNSを出会いの場として、カメラマンと被写体が撮影に至ることは一般化してきた。

    その過程で起きる“性犯罪”も珍しくないそうだ。

    20代のグラビアアイドルAさんも、インスタを利用して出会ったカメラマンと撮影を行った経験が何度もある。

    「大手事務所でもなければ、宣材写真の費用まで自分で捻出する必要がある。私もデビューしたころは宣材撮るのに、スタジオ代とカメラマンのギャラで3万円かかった」稼ぎが少ない時期に役立つのがインスタだ。

    「有名じゃなくても素人でも、アップしている写真が奇麗だったら、こちらから連絡して撮影を依頼した」。

    反対にAさんに撮影を依頼してくるカメラマンもいたという。

    カメラマンと被写体は写真を通して相互メリットがある。

    「女優やグラドルやアイドルは、芸能活動の告知をするにも、仕事を得るためにも、まずは写真が必要。奇麗な自分の写真をインスタに載せれば、仕事のツールになる。スマホの自撮りでもいいけど、それだけだと足りない」。

    一方、カメラマンもSNSに実績を掲載できるし、駆け出しなら撮影の練習にもなる。

    Aさんは「インフルエンサーになって稼ぐために、みんなインスタのフォロワー数を増やすことに必死」と言う。

    撮影者と被写体の需要供給はどちらも活況だ。

    「#作品撮り」「#カメラマンさんと繋がりたい」などのタグはよく見かける。

    だが、その中に小山容疑者のようなエロカメラマンが存在している。

    Aさんも「3回くらい体を触られたことがある」という。

    「スタイリストを雇うお金がないと、カメラマンが衣装の直しもする。徐々に服をズラして、水着のホックとかを外していくのが常套手段。撮られてると、自分では直せないこともあって、言いなりになる場合もある。人によっては『イヤです』と強く言えないことも理解できる」名の知れた人気カメラマンにも胸をなめられたそうだ。

    「『この写真が必要だから』と言うけど、疑問だった。友人のグラドルもこの人に撮られて断りきれずにセックスまでしてしまった」Aさんは「カメラマンは掃いて捨てるほどいる。条件が良くなければ、別の人に頼めばいいだけ。慣れてない女の子は気を付けてほしい」と警鐘を鳴らした。

    また、モデルのBさんも「2人きりで撮影したら、必ずリスクはある。悪いのは男だけど、女側もリスクを頭に入れてSNSを利用しなきゃ」と話している。

    【日時】2019年11月29日
    【提供】gossip!
    【関連掲示板】


    【エロカメラマンの手口はこうだwwwwwwwwww】の続きを読む


    韓国に行く日本人。本当に純日本人か!?


    NO.7976166
    韓国へ来続けてきた日本人、10月から減少傾向に転換
    韓国へ来続けてきた日本人、10月から減少傾向に転換
    「韓国人は日本に行かなくても日本人は韓国に来続ける」。

    つい最近まで観光業界で言われていた言葉だ。

    実際、韓日の葛藤の中でも韓国を訪れる日本人観光客の数は9月まで2018年より増え続けていた。

    しかし、状況が変わった。

    10月に入り韓国を訪れる日本人の数が減少に転じた。

    22日に韓国観光公社が発表した統計情報によると、昨年10月に訪韓外来客全体で165万人を記録した。

    前年同月比8.4%増えた数値だ。

    外来客の中で最も割合が高い中国人が19.4%増の56万人を記録した。

    THAAD(高高度ミサイル防衛)システムによる「限韓令」のために動かなかった中国観光旅行客が再び韓国に押し寄せている。

    一方、日本人観光客の数は14.4%減少し、24万人を記録した。

    2018年3月から続いていた成長が19カ月間で止まった。

    今年に入って韓日の葛藤が本格化し、増加傾向が鈍化していたものの、訪韓日本人数は着実に増加していた。

    防弾少年団(BTS)をはじめとするK−POP、韓国料理に熱狂する日本の20〜30代は韓日葛藤にもかかわらず韓国旅行を熱望しているという分析が主だっていた。

    ..



    【日時】2019年11月24日
    【ソース】中央日報
    【関連掲示板】


    【韓国に行く日本人。本当に純日本人か!?】の続きを読む


    韓国では本当のこと言うと罰金刑


    NO.7988469
    韓国大学教授「慰安婦は自由意志」言及で罰金刑
    韓国大学教授「慰安婦は自由意志」言及で罰金刑
    韓国で7月に発売され、10万部超という異例のベストセラーになっている『反日種族主義』の6人の共同著者が、韓国のネット上で猛批判にさらされている。

    同書は歴史的資料を基に、慰安婦や徴用工の強制性を否定し、独島(竹島の韓国名)の領有権主張に疑義を示すなど、韓国政府の従来の主張を、「反日主義者の作り上げた虚構」だと断じた。

    11月に日本語版(文藝春秋刊)が刊行されるや、著者たちへのバッシングはさらに過熱。

    韓国大手のハンギョレ新聞は〈日本人が誤った歴史観を深め、歪曲された歴史観が日本社会に拡散する〉と批判した。

    著者のひとりで落星台経済研究所研究委員の李宇衍(イウヨン)氏の研究所の前では、市民団体が旭日旗と李氏の写真を重ねて燃やしたり、本を破り捨てるなどのパフォーマンスも繰り広げられた。

    正門前に汚物(犬の糞)を撒き散らした男が、住居侵入と器物損壊の疑いで書類送検される事件も起きている。

    韓国では、政治家のみならず学者ですら、親日的言論がタブー視されてきた歴史がある。

    発言の主はつるし上げられ、制裁を加えられる。

    『反日種族主義』の筆頭著者であるソウル大学名誉教授の李栄薫(イヨンフ..



    【日時】2019年11月29日
    【ソース】zakzak
    【関連掲示板】


    【韓国では本当のこと言うと罰金刑】の続きを読む


    【また警察官がわいせつ行為】職務で住所を知った女性にwwww


    NO.7988795
    職務で住所を知った女性宅を訪れ、わいせつな行為 男性巡査長を懲戒処分 宮崎県警
    職務で住所を知った女性宅を訪れ、わいせつな行為 男性巡査長を懲戒処分 宮崎県警
    職務で住所を知った女性宅を訪れ、わいせつな行為をしようとしたとして、宮崎県警は29日、日南署の30代の男性巡査長を強制わいせつ未遂と住居侵入の疑いで書類送検し、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

    「好意があった」と供述し、容疑を認めているという。

    巡査長は同日付で辞職した。

    監察課によると、巡査長は9月25日午後3時半ごろ、県内の30代女性宅を訪れ、女性に抱きついた後にキスしようとし、翌日午後には駐車場にとめた自身の車の中で同様の行為をしようとした疑いがある。

    職務を通じて女性の住所を知ったという。

    女性の知人が県警に通報して発覚した。

    監察課は減給処分にした理由について「警察庁の懲戒処分の指針に照らし合わせ、総合的に判断した」と説明した。

    今年に入り、宮崎県警の職員の懲戒処分は7人目(昨年2人)。

    時任和博首席監察官は「誠に遺憾。職員に対する職務倫理教養を徹底し、再発防止と信頼回復に努める」としている。



    【日時】2019年11月29日 18:09
    【ソース】朝日新聞デジタル
    【関連掲示板】


    【【また警察官がわいせつ行為】職務で住所を知った女性にwwww】の続きを読む


    エーザイの薬が原因か 治験後に飛び降り死亡


    NO.7989018
    「エーザイ」治験後に飛び降り死亡 薬原因か「入院中、幻聴などがあった」
    「エーザイ」治験後に飛び降り死亡 薬原因か「入院中、幻聴などがあった」
    ことし6月、大手製薬会社「エーザイ」がてんかんの治療薬を開発するために行った臨床試験で、薬を投与された健康な男性が高いところから飛び降りて死亡し、厚生労働省は、薬の投与が死亡の原因となったことが否定できないとする調査結果をまとめました。

    近く、エーザイなどに適切な臨床試験を行うよう文書で指導することにしています。

    この問題は、大手製薬会社のエーザイが新しい抗てんかん薬を開発するために東京・墨田区の病院で行った臨床試験で、ことし6月に薬を投与された健康な20代の男性が、退院した翌日に電柱から飛び降りて死亡したものです。

    こうした臨床試験で健康な被験者が死亡するのは極めて異例で、厚生労働省が調査を進めてきました。

    その結果、死亡した男性は退院した日に医師に対し、「入院中、幻聴などがあった」と訴えていたことがわかりました。

    厚生労働省は死亡した男性には精神科の受診歴がなく、類似するほかの抗てんかん薬の一部に自殺を図るリスクがあることなどから、「薬の投与が死亡の原因となったことが否定できない」とする見解をまとめました。

    その上で、臨床試験の問題点として、精神科医の診察が受けられない..



    【日時】2019年11月29日
    【ソース】朝日新聞
    【関連掲示板】


    【エーザイの薬が原因か 治験後に飛び降り死亡】の続きを読む

    このページのトップヘ